="http://www.accesstrade.net/at/r.html?rk=01002dj9002dwz" width="1" height="1" border="0" alt="" />

がん保険・休肝日の少ない人はがんの死亡が多い

休肝日(お酒を飲まない日)が多ければ死亡率低下すると厚労省研究班が1990〜93年に岩手、長野、高知、長崎、沖縄など8県9地点に住む男性約4万2000人を対象に飲酒や生活習慣に関するアンケートを実施し、03年まで追跡調査した。

その調査結果は
 酒量の多い人では、酒を飲まない「休肝日」の多い人の方が、休肝日の少ない人よりも死亡率が低くなることがわかつた。

 飲酒の習慣がある約3万2000人のうち、
〇「週1〜4日飲酒する」と「休肝日あり」グループは約4割、
●「週5〜7日飲酒する」と「休肝日なし」グループは約6割だった。

 追跡調査期間中に死亡した約3900人について、飲酒の頻度や飲酒量を調べたところ、
1週間あたりのエタノール摂取量が300グラム(毎日日本酒2〜3合)以上になると、同じエタノール摂取量でも休肝日なしのグループの方が、
休肝日ありのグループより死亡率が大幅に上がった。

エタノール摂取量が300〜449グラムの場合、
「休肝日なし」グループの死亡率は「休肝日あり」グループの
1.5倍、450グラム以上では1.8倍になった。

そして、最も怖い結果が

 「死者の4割はがんだった。休肝日がないと、酒の代謝後にできる発がん性を持つとされる物質が常に体内に存在し、がんの危険性が高まるのかもしれない」と厚労省研究班は話している。

posted by ganhoken at 01:00 | がん保険

がん保険・がん保険加入時の注意点

がん保険加入時の注意点として

 がん保険は通常加入してから約90日間の免責(保障されない)があるので注意が必要です。がん診断給付金も当然含まれ、当然、保険金は出ませんので注意してください。

また、がん保険は病気やケガを対象とする医療保険よりも保障範囲が限定され、支払う保険料が安いので気楽に加入できます。
保障内容を十分検討してから、加入して下さい。

※がん保険の保障内容が異なれば支払う保険料もかわります。
各保険会社によって可能な保障設定や給付金支払の条件もかわります。
※がん保険の詳細については、各保険会社のパンフレット、ご契約 のしおり、約款等で確認して下さい。


(注)約90日間の免責(保障されない)期間ですが
  支払い方法(現金や初回分より銀行振替など)により
  また、保険会社により、免責が1ケ月以上ずれる
  こともあります。

  ほとんどの保険会社は初回の入金日が免責の起算日に
  なるようですので、よく確認しましょう
  
posted by ganhoken at 01:00 | がん保険

がん保険・がん保険の内容@がん診断給付金

がん保険は他の医療保険と大きく違うのは
がんと診断されただけで受け取れる「がん診断給付金」があります

では、がん診断給付金は

 初めてがんと診断確定され入院を開始した時(入院しないでも対象になる商品も有り)また、最近のがん保険では、再発しても再び対応できるように複数回がん診断給付金を受取れる商品が登場し、おおよそ2年経過して再発した場合には再度診断給付金が受取れる保険もあります。

(注)保険会社によって1回のみのタイプと複数回受取り可能なタイ プが有ります。保障内容はよく確かめて下さい


 医療保険と違い、がん保険は給付金の大部分が診断給付金になります。それは
がんの治療費は高額になるケースが多く、突然がんと診断された時に、まとまったお金が必要。しかし、お金が無いからといって治療しないわけにはいきませんね。

そこで初期段階に多額のお金を受取れる「がん診断給付金」で
安心して治療に専念できるように。
posted by ganhoken at 15:28 | がん保険

がん保険・入院に掛かるお金ていくら?

もし、がん保険に入っていなかったら
病院以外もいろいろと掛かるようです、

例えば、医療費以外(健康保険の対象外の治療費など含む)の費用
で意外な出費が多く戸惑うケースが多い。


 一般的に入院すると健康保険の給付で、特別の治療を
受けなければ、医療費の自己負担は3割になります。

3割の自己負担も高額療養費という制度で
上限を越えた負担額は後日もどって来ます。



では、医療費以外にかかるお金にはどんな物があるのでしょうか?

◎差額ベッド代
 この費用の負担がかなり大きなものになります
 特に、大学病院などでは差額ベッド代
 ないということはほとんどありません。

 病院に払うお金で高額療養費の対象外になります。
 (差額ベッド代は全額自己負担となります。)

●食事代
 以前は医療費対象でしたが現在は

  1日780円×食事をとった日数分が自己負担に。


●入院時に必要な衣類、雑費
 寝巻き、パジャマ、下着、洗面用具、日用品。
 どうしても新しいもを購入するようです。

●見舞いお礼、快気祝い
 見舞い金をいただいても、当然そのままではいけませんね
 また、花やお菓子だけでも
「義理」上お返しが必要になります。
 

●家族の負担
雑費ですがこれも一度に大きな金額ではありませんが
長期間、遠距離ですとなおさらです

病院に来る家族の交通費、食費その他もろもろ。

また、
幼い子供や介護している家族がいる場合はさらに負担が大きく
なります。


●ご商売などの自営業の場合はお勤めと違い
 休業補償はありません。

 仕事が出来ない間の生活費、資金繰り、病気
 になった本人の代わりに誰かを雇うための資金。


もし、もし がんになったら・・・・・・

考えただけでも、頭がいたくなりますよ

やはり、日頃の準備はおこたりなく
posted by ganhoken at 14:00 | がん保険

がん保険・では入院したら、費用はいくらかかる?

がん保険にもし加入ていなかったらと
考えて見てください。


 生命保険文化センターの調査によりますと

例えば、
●乳ガンで29日入院した場合

胸のしこりに気づき、検査の結果乳ガンと診断される。
部分切除の手術後15日間個室に入る。

●窓口での自己負担(3割負担)で支払った額
 入院月   221,170円
 翌月    134,630円

高額療養費として後で戻るお金
入院月   ▲143,908円
翌月     ▲60,252円  
食事代自己負担   780円×27日=21,060円
(2日間は食事をとらなかった)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
医療費の自己負担額  計・・・・172,700円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その他の自己負担額
差額ベッド代   8,000円×15日=120,000円
見舞い時の家族の交通費・食費   55,000円
その他諸雑費(衣類・快気祝いなど)87,000円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
              計  262,000円
       合 計 434,700円

いかがですか
この金額は一般的な金額です

しかし、例えば「差額ベッド代」一つとっても
都内の大学病院などでしたら数万円はザラのようです

そして、同じがんでも治療のむずかしい「がん」もあります。

中には「健康保険」の効かない"治療法"や"投薬"がある場合、どうしましょう?


 「保険が利かない」から、「費用がかさむ」からで
"治療"や"投薬"やらないであきらめますか?

大切な家族を救うため、お金のことは考えたくないのが
心情ですよね。

しかし、現実は数百万円から、長期間になれば稀に千万円単位になることも有ります。

だれでも病気になりたくて病気になる人はいません

やっぱり、最低限の備えは必要ですね。

posted by ganhoken at 13:44 | がん保険

がん保険・がん死亡の統計では

がん保険の必要性を説いてきましたが
下記の厚生労働省が発表した数字です

    三大成人病 死亡数
1980年  1990年 2000年 2004年 2005年
●悪性新生物 161,764 217,413 295,484  320,358 324,000
〇心疾患 123,505 165,478 146,741  159,625 171,000
〇脳血管疾患 162,317 121,944 132,529  129,055 132,000

「厚生労働省 平成17年人口動態統計の年間推計」より

上記数字を見ますと近年はがん死亡は「心疾患」と「脳血管疾患」
を合計した数字より多くなつております。

現在がん患者は推定50万人といわれておりますが
10年後は約90〜100万人に増加すると予測されております

益々、がんに浸食されてくるようです
怖い、大変と考えるまえに備えが

がん保険の必要性今更いうまでも
ありませんね

次回、ではがんで入院になったら
いったいいくらの費用がかかるのか?

入院費や治療費だけではすみませんよ
タグ:厚生労働省
posted by ganhoken at 13:09 | がん保険

がん保険・がんは何歳くらいから多くなるのか?

がん保険の必要性をお話しましたが
がん保険内容に入る前に。少しがんに対しての「数字」のお話しておきます。

 先日お話しましたが、がんで死亡する確率は交通事故死の40倍、
全死亡のうちがんが約33%、つまり1/3はがんで亡くなっていると
言う事実。

では、これから先のがんにたいする「リスク」ですが
(財団法人 がん研究振興財団の「がん統計」による)

●女性は30歳半ば、男性は40歳以降年齢が上がると共に
 がんにかかる「リスク」も加齢と共に上昇。
 特に男性は50歳より急上昇。

●10年後の予測では男性55万人、女性33万人という数字が
 出てきております。
 (この数字は死亡ではありません。)

 将来、医療技術の進歩により逆に死亡率は下がるかもしれません。
 しかし、治療法の多様化により治療費の負担が益々大きく
 なるものと予測されております。


つまり、がん保険は死亡保障目的でなく
「治療目的」の保険と考えて下さい。





posted by ganhoken at 19:46 | がん保険

保険・なぜ がん保険が必要か?

 がん保険の必要性

「私はがんにならない」「がんになったらなったでそのとき考えればいい」など。
がん保険はがんになったら入れません。
これが最大必要不可欠の理由でしょうか・・。

交通事故の死亡率より何十倍も高いいうことを
ご存知承ですか?

がんの死亡は年間約30万人以上
交通事故死亡年間約1万人以下
これだけでもおわかりいただけますね

ちょっと 話がそれますが
厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防長)研究部の調査によりますと
約5万5000人を対象ににした疫学調査した結果

 日本人で乳がんのリスクが高い女性は、身長160センチ以上、出産経験がない、初潮年齢が早いなどの傾向があることがわかりました。

同研究班が21日に公表した。同研究班は、1990年と93年に40〜60代だった全国の女性を対象に追跡調査を実施。閉経の前か後か、体格、初潮年齢などの条件で集団に分け、2002年までに乳がんを発症した人数から、各集団の危険性を比較した。

閉経後の場合、身長160センチ以上の女性は、同148センチ未満の女性に比べ、乳がんのリスクが2・4倍に高まった。また48歳未満に閉経した人に比べ、54歳以上で閉経した人のリスクは2倍になった。出産経験がない女性は、ある女性に比べ2・2倍だった

 乳がんの発生には女性ホルモンの分泌が関与しているとされ、この大規模な調査で関与が裏付けられた。


乳がんだけでもこのようにいろいろと調査結果がでていて
いかに「がん」に対して関心が高いことがおわかり
いただけるとおもいます

つまり「リスク」が高いものには対処していく必要があるということです

がん保険の必要性お分かり頂けましたか

次回はそのがん保険のからくりを
紹介したいとおもいます
posted by ganhoken at 00:00 | がん保険

保険・がん保険の必要性

 なぜ がん保険が必要なのか

2.30年前ですと「がん」と宣告されるとイコール「死」と
宣告されたと同じ、がんは死との"同意語"のようでした

 近年、検査技術や治療技術の進歩により、早期発見できれば克服可能な病となりつつあります。しかし、がんは初期段階において痛みや不快感といった「自覚症状」がほとんど現れず、目に見える大きさに成長するまで長い年月(10数年とも)を要することから、発見時には既に治療が困難になってしまっているケースも少なくはありません。

死亡原因の統計として厚生労働省の人口動態統計によると日本人の約1/3が、がんで死亡。その数は年間30万人を突破し、30年前と比較しても約2.5倍に増加しています。高齢化社会の加速とともに、この傾向は今後も続くと予想され、がん患者数がピークになるといわれる2015年には、新たに89万人ががんになるという推計も出ています


 ここで問題なのが、がんという病気以外に
「がんにかかる医療費」です。

近年、新しい医療法や治療薬の開発もすすんでいます。
しかし、それらの中には「健康保険」がきかない医療法や治療薬
もあります。それも莫大な金額になることあります。

 家族としては「出来る限りのことをしたい」
これが本心ではないでしょうか

しかし、それには経済的な裏付けがあってこそのはなしです。

そこで近年当たり前にもなつてきました「がん保険」ですね

がんは年齢が上がるにつれ罹患率も高くなります
がん保険料も当然平行してきます

次回がん保険内容について触れてみたい
とおもいます
posted by ganhoken at 18:29 | がん保険
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。